東京インフラアセットマネジメント株式会社は東京インフラ・エネルギー投資法人の資産運用会社です

代表挨拶

東京証券取引所は2015年4月、再生可能エネルギー事業を含む社会インフラ事業を長期安定的に運営するためのファイナンス手段として、国民から広く資本を募るインフラファンド市場を開設しました。

当社はこの東京証券取引所の方針に賛同し、我が国で必要とされる社会インフラの開発・維持・運営を行うための資金調達ニーズと多額の資金を保有する様々な経済主体の資金運用ニーズを結びつけるインフラファンド市場を適切に活用することにより我が国の社会インフラ事業を円滑に運営できるものと考え、具体的な事業活動を開始しました。

当社の経営陣、スポンサー企業、業務提携先企業は、金融事業、再生可能エネルギー開発・運営、社会インフラ施設の開発・運営等において豊富なノウハウと経験を有しており、これらの協働企業が一つのチームとして生産性の高い事業活動を行っていく所存です。まず第1に、再生可能エネルギー事業への投資を優先的に取り組み、その後、全般的な社会インフラ事業へとその投資活動を広げ、持続可能で安定した社会インフラの維持・発展のために貢献してまいりたいと考えています。

代表者写真

東京インフラアセットマネジメント株式会社

代表取締役社長 杉本 啓二

運用理念

再生可能エネルギー発電設備関連資産への重点投資

我が国においては、政府の掲げるエネルギー構成比の達成のために再生可能エネルギー発電事業に対する多額の投資資金の調達が必要であり、当社の主な投資対象である太陽光発電設備についても導入量の拡大が見込まれ、それに伴い今後も投資資金のニーズは大きいと考えています。当社は、アドバンテック・グループに蓄積されたノウハウを活用し、再生可能エネルギー発電設備関連資産に投資をすることにより、我が国におけるエネルギー自給率の向上、地域社会活性化、地球温暖化対策及び投資家持分価値の最大化を目指します。

運用コンセプト

株主・サポート会社

再生可能エネルギー発電設備等に関する知見を有する 株主及びサポート会社によるサポート体制の活用

当社は、サポート契約の締結などを通じて、再生可能エネルギー発電事業に関連するノウハウ及び実績並びに情報を有する企業と資本・業務提携あるいは協力関係にあり、そのサポートを活用して安定期的な外部成長を実現し、投資主価値の最大化を図る方針です。

筆頭株主について

アドバンテックの概要

2018年6月30日時点

社名 株式会社アドバンテック
設立 1995年5月
代表者 山名正英、首藤信生
資本金 4,150万円
本店所在地

東京本社

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-3
丸の内トラストタワー本館25F

愛媛本社

〒793-0046 愛媛県西条市港293-1

従業員数 計325名(男233名 女92名) ※グループ会社等含まず
海外拠点 アメリカ合衆国、ドイツ、シンガポール、台湾、タイ、インド、韓国、中国等

アドバンテックに蓄積されたノウハウの活用

当社は、親会社であるアドバンテックのパイプライン及びノウハウを活用することにより、再生可能エネルギー発電設備関連資産の取得機会を獲得し投資家への収益還元を目指すとともに、再生可能エネルギー発電事業における資本循環の実現に貢献します。

アドバンテックの支援体制

当社親会社であるアドバンテックは、再生可能エネルギー発電設備関連資産に係る技術調査、設計・施工、事業運営管理、投資等に関する豊富なノウハウ及び実績を有しており、また、国内25件、約151MWの太陽光発電設備の開発・運営・受託を行っています。
当社は、これらのノウハウ及びパイプラインを活用することによって、保有ポートフォリオに関して安定した発電能力を長期間に亘って維持し、その結果として投資家への安定したリターンの提供を目指します。

アドバンテックの強み

アドバンテックの強み

  • 製造業者としての高い技術志向に基づく太陽光発電業界における独自性
  • 太陽光発電に関する開発・工事・運営管理の各事業を展開するワンストップ型ビジネスモデル

開発

維持管理

土地取得・開発

具体的ノウハウ

プロフェッショナル人材

発電所設計・土木技術・法務・地域対策 等、各分野においてノウハウを保有。プロジェクト開発に必要な情報を効率的に収集・分析

具体的効果(例)
  • 事業用地、開発・土木、発電所建設要件、近隣対策等の情報を総 合的に収集・分析しプロジェクト開発判定に寄与

調査

具体的ノウハウ

調査力

法務担当によるリーガルデューデリジェンス、最先端の測量・設計ツールを用いた地形分析とパネル配置計画立案、高精度の発電予想

具体的効果(例)
  • 事業用地・権利確保
  • FIT認定・電力申請
  • 開発・造成計画立案
  • 発電所使用
  • 発電予想
  • 事業採算性評価を高精度で実現

設計・構築

具体的ノウハウ

専門チームによるコミッショニング

詳細な調査に基づき専門チームが経験豊富なパートナー(開発設計会社・EPC 会社)と共同で最適な設計を実現

具体的効果(例)
  • 発電所構築に必要な使用を可視化
  • 社内技術者が完成検査を実施し、計画通りの構築が実現されているかを検証

維持管理

O&M

具体的ノウハウ

最新のモニタリングシステム

経験豊富な欧州企業からのノウハウ導入に加え、365日稼働のモニタリングセンターを保有

具体的効果(例)
  • 常時監視による異常の早期発見と対処
  • パフォーマンスチェックと改善対応を行い、安定稼働と発電の最大化を実現

会社概要

社名 東京インフラアセットマネジメント株式会社
資本金及び資本準備金 186.4百万円
代表者 代表取締役社長 杉本 啓二
株主 株式会社アドバンテック(50.7%)
東京インフラホールディングス株式会社(42.8%)
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(5.0%)
NECネッツエスアイ株式会社(1.5%)
事業内容 投資運用業、宅地建物取引業
役員 杉本啓二(代表取締役)、山本和弘(取締役)、
水野裕太郎(取締役)、長尾定(監査役)
免許・資格等 投資運用業(関東財務局長(金商)第2996号)
宅地建物取引業(東京都知事(1)第98310号)
取引一任代理等認可(国土交通省 第111号)
一般社団法人投資信託協会会員
取引銀行 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、中国銀行、徳島銀行、高知銀行
設立 2015年(平成27年)5月
所在地 〒100-0004
東京都千代田区大手町二丁目1番1号
大手町野村ビル21階
(2018年9月27日現在)

会社外観

組織図

アクセス

所在地 〒100-0004
東京都千代田区大手町二丁目1番1号
大手町野村ビル21階
交 通

■東京メトロ東西線・都営地下鉄三田線「大手町駅」徒歩1分(B2a出口直結)

■東京メトロ丸ノ内線・半蔵門線・千代田線「大手町駅」徒歩2分(A5出口直結)

■JR「東京駅」徒歩5分

投資法人サイト